葬儀の種類と内容について

葬儀とは、人の死を弔う為に行われる儀式の事ですが、それには様々な形式があります。
かつては多くの参列者を呼んで盛大で高額な葬儀を行うのが主流でしたが、現在は多くの方が簡素化されたシンプルでコンパクトな形式を好み、費用も抑えた低価格なものに人気が集まっています。
その代表的なものが家族葬と呼ばれる少人数で行う葬儀のスタイルですが、少子化や核家族化、高齢化などによって、近所や地域との付き合いが薄くなった事や参列者の数そのものが減って来た事、故人を本当に偲んでくれる家族や近しい人だけで見送りたいという人が増えて来た事などが理由とされています。
葬儀の種類も多様化し、主なものだけでも、必要最低限な事だけをして費用を抑えた火葬のみを行うの火葬式、お通夜を省いて告別式と火葬のみを行うの一日葬、お通夜や告別式を家族やごく内輪の親しい人だけで行って故人を見送るの家族葬、形にこだわらず故人の好きだった音楽を演奏したり聴いたりしながら見送る音楽式などがあります。
いずれも故人を弔う気持ちには変わりなく、従来の葬儀よりは費用も抑え、残された遺族が少ない負担で行えるよう配慮がされています。

安置所についてですが、近頃はほとんどの方が、病院や老人介護施設などの施設でお亡くなりになっています。
病院で亡くなった場合は遺体を運び出す寝台車という車両を手配して、病院から搬送することが必要になります。
そして葬儀を執り行なうまで、どこかに安置する必要があります。
本来ならば自宅に安置しておいて、葬儀を執り行なうのを待つのですが、最近は自宅に安置せずに火葬場にある安置所に遺体を安置することが多くなってきています。
最近は生前に火葬式で葬儀を執り行うことを望んでいることを親族にエンディングノートなどを使ったり、家族で団欒をしているときに話題にするなどして伝えている方も増えてきています。
火葬式とは、告別式やお通夜などを執り行なわないで安置所から直接火葬だけを執り行います。

<PR> 工務店向け集客ノウハウ / 生命保険の口コミ.COM / 生命保険の選び方 / SEOアクセスアップ相互リンク集 / 超SEO対策 / 英語上達の秘訣 / 心の童話 / 童話 / 初値予想 / クレジットカードの即日発行じゃけん / お家の見直ししま専科 / 健康マニアによる無病ライフ / 女性向けエステ.com / マッサージのリアル口コミ.com / オーディオ